ベンガラの専門店 古色の美
板締め絞りとは・・

「絞る」という加工にも様々な技法があり、よく知られるところで「豆絞り」があります。
糸を使い「括る」技法で奈良時代に中央アジアから伝わり、鹿ノ子絞りのルーツが
それであるいわれています。板締め絞りの発祥はさだかではないが江戸時代に多く
活用された絞り技法で木板を使い生地を挟み、防染します。生地を屏風状に折りたた
み染め上げることで連続した文様をつくりだし、大胆でモダンな印象が特徴です。
ひとつひとつの工程が手仕事で行われるため、滲みやぼけ、微妙に文様の形が変り
「偶然に生まれる美学」があり、手染めならではの技法です。
手ぬぐいの板締め絞り

1・生地を横方向に屏風折りにします。
  三つ折、四つ折、六つ折で文様の大きさが変わる。
2・縦方向に四角く屏風折にしてゆきます。
※折るときアイロンをあてると綺麗に折れます。

板締め染めはあらかじめ生地に下染めが必要です。
  下染めをしておくことで色の移染を防ぎます。
3・木型で上下から生地を挟み込みます。

4・万力で固定します。
  きつく絞めるとはっきりとした防染ができます。
  ゆるく締めると染液が染み込み、滲みがでます。
5・全体が浸かるぐらいの水をバケツに用意し
  染液を溶きます。

6・浸け込み液の中で生地を広げながらよく
  揉み込んでください。
  ※中が染まりにくいのでよく広げて染まり
    具合を確認しながら行ってください。
7・万力を外す前に出来るだけよく絞り水気を
  切ってください。

  木型を置いていた部分が白く残ります。
  この時の滲みやぼけに美学を感じます。
8・広げます。
  連続した文様がでてきます。ここでは大玉の文様を染めてみました。
  玉の形が滲みやぼけによりそれぞれ個性のある円を描いています。
  
  板締め木型 大玉を使いました。
  べんがら泥染め液 色番#14丹土で染めました。











 
大玉小玉 雪花 麻の葉 大玉 七宝 咲はな